2008年03月30日

フィンランドのお家訪問A

フィンランドのお家訪問A
space.gif
昨日のブログ記事に引き続き、本日も先日御邪魔したフィンランド人のご夫婦のご家庭にて撮影させていただいた、素敵なARABIA社のヴィンテージ作品をご紹介したいと思います。

フィンランドのARABIA社は、過去に今ではあまり目にすることのなくなったセラミックの洗面台や、植木鉢など食器以外の作品を制作していたことは有名な話ですが、こちらは大変珍しい種類のテーブルランプ。この青いパンジー柄の作品、どこかで見たことある方いらっしゃいませんか?実はこの作品の作者は昨日のブログ記事でもご紹介させていただいたウォールプレートの制作者、Birger Kaipiainenによるものだったのですね。

フィンランドのお家訪問Aこのテーブルランプの持ち主である奥さんに、一体どういう経緯でこの作品を手に入れられたのかを尋ねてみたところ、実はこの作品はご自分で購入したものではなく、若い頃にその方のお爺様より譲り受けたとても大切な作品だったそうなのです。

フィンランドをはじめとする北欧各国では、特に人々が「物を大切にする」習慣を持っているということで有名ですが、このテーブルランプもそのような習慣の中、約半世紀にわたって代々受け継がれてきたとても貴重な作品。現在もほぼ新品に近い状態で、大切に使われているようでした。

ARABIA社のヴィンテージ作品は日本だけでなく、ここフィンランドでも同様に決して御値段の安いものばかりではありません。ですが今日ご紹介したKaipiainenのランプのように、世代をこえて受け継がれてきた作品の中にはその金銭的な価値以上の価値があるように思えてなりません。皆さんもいつの日かお気に入りの作品の数々を、大切なご家族やお友達に使ってみていただいてはいかがでしょうか?

※『クリック応援』もよろしくお願いします。
blog_ranking.jpgblog_ranking.jpg
posted by アラビア食器.com at 13:00| 北欧の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。